服装自由

「ふくそうじゆう」
ナイトワーク系のお仕事では二つの意味がある「服装自由」。
◆一つは、出勤時の服装のこと。
その昔「ホステスは電車で出勤しているようでは一流にはなれない!そのまま店に出れる服装でタクシーで来るものだ!!」なんて言われていた時代もあったようだが、現在は銀座の老舗クラブでさえ出勤時の服装までうるさく指導するお店はない。
どんなタイプ・エリアのお店でも出勤時の服装は基本は自由!と思ってよい。
ただ、同伴などで高級な飲食店にいく場合には要注意!!お客様に恥をかかせてしまうことになりかねない。
◆もう一つは、お店でお仕事する服装が自由♪という場合も昨今は多い。
流行りの「ガールズバー」や「会員制ラウンジ」、「私服キャバ」などは、統一された特別な制服着用店を除き、ほぼ全てのお店で「服装自由」である。
ドレスやヘアーセットすることに抵抗がある女性にとっては嬉しい限り。
ただ、服装時由といっても、
「デニム=ジーンズは禁止」「パンツは禁止」「パンツ禁止だがショートパンツならOK!」「レザーとデニムは、ミニスカートならOK!」反対に「下はジーンズ+上は店から支給されるTシャツのみ!」等々‥
お店により実にさまざまな規制があったりする。

キーワード「服装自由」関連

キャバクラ ドレス

ミニドレス・ショートドレス
弊社では、キャバ嬢さんに人気のある高級ドレスブランドAndy(アンディ)のan(アン)をリューユ...
詳細を見る
ページ上部へ戻る